1. ホーム
  2. 爪水虫の治療
  3. ≫【注意】つるりんマスターEXは爪水虫に効果無し?

【注意】つるりんマスターEXは爪水虫に効果無し?

つるリンマスター商品画像

「つるりんマスターEXの効果」に疑問を思っているあなたへ。

つるりんマスターEXは、本当に水虫や爪水虫に効果があるのでしょうか?

この記事では、つるりんマスターEXの効果や、効果的な使い方について徹底的にまとめています

「つるりんマスターEX」は効果が無い?

「つるりんマスターEX」は抗菌作用で菌を抑える役割があるので、水虫の治療にも効果が期待出来ます。

また、手で塗るタイプの水虫薬ではなく、スプレータイプになっているので、摩擦で患部を刺激してしまうこともありません。

ウェブページなどを見て効果がわからないという方は、実際にお試しなどで手にとって使用してみるのがよいです。

薬事法の関係で、効果を過度に表現できないという事情がありますが、購入してしばらく使用して頂いた方には、効果をしっかり感じて頂けると思います。

こんな場合「つるりんマスターEX」は効きません

つるりんマスターEXを使用しても、すぐに結果が出るというわけではありません。2~3日から数日間使用して、少しずつ水虫を改善していきます。そのため、最低でも2ヶ月は使用するようにしてみて下さい。

なかなか効果を感じないという方は、使用期間が短いことが原因になっていることがあります。

毎日、定期的に使用して一定期間継続するようにして下さい。ただし、痒みは使用し始めると数日間で抑えることが可能になります。

「つるりんマスターEX」は水虫のこんな症状におすすめ(趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪百癬型)

つるりんマスターEXは、水虫対策におすすめの商品です。

水虫には様々な菌が存在し、日本では10種類ほどが人に感染すると言われています。春から夏にかけて感染しやすく、特に感染しやすいのは白癬菌(はくせんきん)となります。

水虫の症状にも4つの状態があります。

趾間型(しかんがた)小水疱型(しょうすいほうがた)角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)爪百癬型(つめびゃくせんがた)などがあります。

趾間型は、痒みやふやけがあり一番多いタイプの水虫になります。

趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪百癬型

小水疱型は、水ぶくれや皮剥けになり、強い痒みが出ます。角質増殖型は、皮膚が痒くなってボロボロはがれます。爪百癬型は、爪に菌が入り込み、爪の色が変色してしまいます。

つるりんマスターEXは、これらの4つの水虫にも対応している商品です。

99.9%除菌できるので、痒みだけでなく足の臭いも抑えることが可能です。

ここで一つ、水虫市販薬について調べまくった私からのアドバイスです。

それは…

「爪水虫(爪百癬)の場合は違う商品を使ったほうがよい!」ということ。

なぜなら爪水虫を治すためには「薬剤を爪の内部まで浸透させる」必要があるからです。

爪水虫になると、爪が固く、分厚くなってしまうので普通の水虫薬だと太刀打ちできません。

しかし浸透力を極限まで高めた「クリアネイルショット α(アルファ)」という商品なら、爪水虫にもばっちり対応可能です。

「つるりんマスターEX」も、爪水虫に対応してはいるのですが、「爪水虫専用で、浸透力に特化して作られている商品」にはさすがに負けますね。。

まとめ

ここまでの内容をまとめると下記のような結論になります。

水虫の症状によって、最適な市販薬は違います。「水虫を早く治したい!」という場合は、あなたの症状に合った商品を選ぶようにしましょう。

クリアネイルショットアルファ クリアネイルショットαの詳細はコチラ

 

つるリンマスター つるりんマスターEXの詳細はコチラ

 

≪ 前へ12
1 / 2 ページ

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと