1. ホーム
  2. ≫にごり爪治療法を比較!市販薬vs病院vs民間療法

にごり爪治療法を比較!市販薬vs病院vs民間療法

 にごり爪の治療法

 

にごり爪の治療方法はたくさんあって迷いますよね。

代表的な治療法としては「市販薬」「病院」「民間療法」とありますが、あなたにとって一番良いのはどの治療方法なのでしょうか?

今回はそれぞれの治療法のメリット・デメリットについて解説していきます。

にごり爪は放置していたら、最悪の場合歩けなくなるほどの病気です。もし少しでも「治したい」という気持ちがあるならこのページを最後まで読んで下さい。絶対に損はさせません。

市販薬・病院・民間療法を比較

市販薬・病院・民間療法の違いをみていきましょう。
わかりやすく表にまとめたのでご覧ください。

  病院 民間療法 市販薬
効果
副作用
あり
あり
(漂白剤など使用した場合、健康に重大な被害が出る可能性あり)

基本的に無し
(塗り薬の場合)

価格
約25,000~30,000円
1,000円以下 (お酢や竹酢液などの場合)
3000円程度から
価格
約25,000~30,000円
1,000円以下 (お酢や竹酢液などの場合)
3000円程度から
通院有無

あり
(治療期間は3ヶ月~6ヶ月)

無し
無し
おすすめ度
コメント 歩けないほど、爪が厚くなっているような重症の場合は病院に行きましょう。 効果があるのか疑わしい、都市伝説のような治療法ばかりなので、おすすめしません。 症状が軽い場合はまず、にごり爪の市販薬を試すのがよいでしょう。

市販薬・病院・民間療法を比べると、以上のようになります。

この中ではまず民間療法は論外です。身近なものを使って対策できる!と言われるとつい試したくなる気持ちもわかりますが、やってもにごり爪は治る見込みは薄いでしょう。

では残りの市販薬と病院だとどちらが良いのでしょうか?

病院もにごり爪の治療にはオススメです。しかし、もしあなたが下記のような状況の場合は「にごり爪の市販薬」での治療を始めるのが良いでしょう。

  • 病院に行くのが恥ずかしい
  • まだ病院に行くほど症状が深刻ではない
  • にごり爪の飲み薬の副作用が怖い
  • 忙しくて病院に通えない

今はにごり爪専用の塗り薬も発売されています。重症の場合は病院に直行するのが一番ですが、まだ症状が軽い場合はにごり爪の市販薬を試してみるのが良いです。

最適なにごり爪の市販薬の選び方

「にごり爪の市販薬」にもいろいろ種類があります。

選び方を間違えると、せっかくお金を払ったのに思ったように症状が改善せず、お金をドブに捨てることになりかねません。

そこで「にごり爪市販薬の選び方」を解説した記事を作りました。自分に最適な市販薬を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと