1. ホーム
  2. 爪水虫と女性
  3. ≫足水虫を放置していると、爪に感染するんです

足水虫を放置していると、爪に感染するんです

水虫はとても厄介な病気です。なぜなら簡単に感染するからです。今、足の裏や足の指の間の水虫に悩まされている人は要注意!放っておくと爪にも感染する危険性があるんです。

爪に水虫菌が感染してしまうと、今よりもさらに治療が難しくなってしまいます。そうならないために今回は水虫と爪水虫の関係について説明します。

水虫とは

白癬菌という菌が付着して水虫の症状が引き起こされます。この菌はうつるため、家族や同居人に水虫の症状が出ている人がいる場合は要注意です。他の人が水虫の症状を発症する可能性が高まります。

水虫が好む環境や感染経路

湿度の高いところや衛生状態があまり良くないところに生息しやすいと言われています。日常の生活の中で考えると、お風呂場の足ふきマットや靴の中などが代表的です。特に靴は一日中履いている人や毎日同じ靴を履いている人は水虫になりやすくなります。

一日中履くことで湿気が靴にこもり水虫には最適な環境が整います。また、同じ靴を毎日履くと白癬菌の住処として定着してしまうからです。

お風呂場のマットも同様に湿り気があり、同じ環境が続きやすくなっています。特に、お風呂マットは他の人へ水虫がうつる感染経路の代表的な原因ともなります。

水虫は足の裏以外にも感染する?

水虫と聞くと足の裏にできるイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、足の爪や手の爪にもうつります。足の裏が水虫になると皮がむけたり、皮膚が固くなったりという症状がでます。

爪にうつると、白くなったり、黄ばんだりという変色の症状や爪が反り返ったり、食い込んだりと変形の症状がでます。このような症状を爪水虫を言います。爪水虫は、足水虫よりも治療が難しく、重症化すると歩行の際に激痛を感じるなど日常生活にも支障をきたしてきます。

水虫になったと思ったら

絶対に放置してはいけません。足の裏から水虫を発症し、爪にうつる場合がほとんどです。足の裏に水虫の症状が発症した場合は、他のところに感染しないよう早期治療が必要です。

足の裏であれば比較的市販の薬など自分での治療が行いやすいです。しかし、爪に感染してしまうと自分での治療が難しく通院して治療することになります。

足の裏の時点で完治を目指し他の部分や他の人にうつさないことが大切です。

まとめ

水虫は、性別年代問わずかかっている人が多いと言われていますが、あまり重要視されていない病気です。悪化すると大変なことになるということを知り、早期発見、早期治療を心がけて欲しいと思います。

また、季節の変わり目などの症状と足裏の水虫の症状が似ていることもあり、自分が水虫と気づいていない場合も多くあります。定期的にセルフチェックをすることをおすすめします。

 

 

 

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと