1. ホーム
  2. 爪水虫について
  3. ≫爪水虫は手の爪にも感染するって本当?

爪水虫は手の爪にも感染するって本当?

爪水虫ってあまり聞きなれない単語ですよね。一般的に、水虫というのは足の指の間や足の裏の皮膚にできるイメージがありますが、爪にできるのが爪水虫です。

爪にできる爪水虫も足の裏にできる水虫も原因は白癬菌という菌です。爪水虫は完治するのが難しく、簡単に人にうつるので、足の裏の水虫より厄介です。

本来、足の爪に出来ることが多い爪水虫ですが、今回は手の爪にも感染するのか説明したいと思います。

爪水虫の原因とは

爪水虫はそもそも、なぜできるのでしょうか。爪水虫とうのは爪が白癬菌とよばれる菌に感染することで発生します。この菌は、湿気が多くジメジメしている場所を好みます。つまり、靴を1日履いている靴下の中などは白癬菌にとって最高の場所と言えます。

また、白癬菌は汗の中に含まれているミネラル分や垢を食べて生きているので、感染を防ぐ為には毎日、足をしっかり洗うことが大切です。

爪水虫になったらどうする?

爪水虫の症状は、爪がボロボロになる、白くなるなどわかりやすい症状が現れるので気づくのも簡単です。

そのまま放置しておくと悪化する場合や他の爪に感染し、病院で専門的な治療が必要になってくるので、取り返しがつかなくなる前に対処が必要です。

手の爪水虫ってどんな状態?

手の爪が水虫になることはあります。症状は足の爪水虫と同じです。

具体的には爪の形が変わったり、変色する、ボロボロと欠けやすくなるなどがあげられます。足以上に手の爪は目に付きやすいため変化にも気づきやすいです。

手の水虫に感染した人の多くが感じる悩みとしては「汚い爪の人に見られるのが恥ずかしい」ということです。そのため人と会うのが憂鬱になる人が多いです。

ネイルで隠してしまう人もいるようですが、そうするとネイルの下でどんどん菌が繁殖して、取り返しのつかないことになってしまいます。そうなれば確実に病院送りですね。

そんな手の爪水虫を防ぐ為にはどうしたら良いのでしょうか?手の水虫を予防する方法をいくつか紹介させていただきます。

手水虫の感染経路を断つ!

やはり、手水虫の多くは足水虫や爪水虫から感染します。感染経路としては、爪を切る時、入浴の時、足ふきマットなどが挙げられます。

上でも述べたように、爪水虫はジメジメと湿度が高いところを好むため足ふきマットでは付着した菌がウジャウジャと増殖している場合があります。

爪を切った後に、手洗いを十分に行う。足ふきマットは定期的に洗濯し、菌の増殖や繁殖を防ぐことで感染経路をシャットアウトしましょう。

ストレスを減らす!

白癬菌はストレスが引き金になり、治りにくいという可能性があると言われています。常に清潔に気を付けているのに爪水虫が手に感染してしまったということがあります。

日々のストレスから免疫力が低下し、足の白癬菌が 手の爪に感染してしまいます。免疫力を上げるために栄養ある食事とともにストレスを減らす方法を考え、日々のストレスをその日に解消できるリズムを作りましょう。

まとめ

足の爪水虫は手の爪にもうつります。まずは足が爪水虫に感染しない状態をつくることが大切ですが、感染してしまったら他のところに感染しないよう注意しましょう。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと