1. ホーム
  2. 爪水虫の治療
  3. ≫爪水虫の治療費と治療期間について

爪水虫の治療費と治療期間について

爪水虫は、早期発見・早期治療が大切と言われています。また、爪水虫かも?と思ったら早めに専門機関への相談が必要です。

しかし、専門機関に相談するにはどうすれば良いのと悩んでいる人もいるかと思います。ここでは、爪水虫の治療についての流れを説明します。

爪水虫の初期症状

爪水虫は、足の爪に菌が繁殖し引き起こされるものです。爪水虫かもと疑う症状はいくつかあります。まず、爪の色です。白や黄褐色、茶褐色などへの変色がみられます。

次に、変形です。爪の幅が狭くなる、先の方がボロボロとかけていくなどが見られます。このような症状が見られる時には、爪水虫を疑って良いと思います。

爪水虫になったら

まず、皮膚科を受診します。皮膚科で行われる検査は爪に爪水虫の原因となる菌がいるかを見ることです。これは顕微鏡検査でわかります。特に痛みなどはなく検査することができます。病院では保険も利きますので金額もそんなに大きなものではありません。ちなみに、病院受診をする前に市販の薬を試したいという人もいるかと思います。市販の薬にも何種類かあり、金額も1000円以下のものが多いのでそれほどお金はかかりません。しかし、爪水虫は中々手ごわいもので、芯から治しておく必要があります。よって医療機関をおすすめします。

 水虫薬の薬には塗り薬と飲み薬がある

皮膚科を受診して爪水虫と判断されたら、薬が処方されます。薬にもいくつか種類があります。爪水虫の進行具合にもよりますが、ここでも保険が利きますので、どの薬になったとしても大きな金額にはなりません。ただ、爪水虫の状況にもより軽い場合であれば塗り薬を処方されます。塗り薬で早い人では約1カ月で完治することができます。

一方、症状が重い人となると飲み薬が処方されます。飲み薬が処方されるとなると、診察や血液検査などを受ける必要が出てくるため、少し費用がプラスされます。また、飲み薬を処方される場合症状が重たいということなので、完治するまでに半年から一年は少なくともかかります。

また、定期的に病院に通うことになるため、毎月3000円前後のお金が治療費としてかかることになります。しかし、市販の薬を塗り続けて効果を得られないと不満をもらすより結果的には安く短期間で治すことができます。

 

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと