1. ホーム
  2. 爪水虫について
  3. ≫爪水虫を放置し続けたらどうなるの?

爪水虫を放置し続けたらどうなるの?

「足に水虫はよく聞くけど、爪水虫って何?」と思っている人もいるかもしれません。爪水虫がどのような症状を引き起こすのか知らなければ感染しても気づけないこともあります。

実は、爪水虫は足の裏にできる水虫よりも厄介といわれています。爪水虫に気づかず放置してしまったり、爪水虫とわかっていながらも、そのうち治ると思って放置していたらどうなってしまうのかを説明します。

爪水虫とは

爪水虫は白癬菌という菌が原因で引き起こされます。これは足の裏にできる水虫の原因菌と同じです。白癬菌は湿度の高いところや清潔ではないところなどを好みます。

そのため、一日中靴を履いている足に発生する率が高くなります。その中でも爪に白癬菌が感染してしまったものを爪水虫と呼びます。

爪水虫に感染すると現れる症状

爪水虫は感染してすぐにはあまり変化がみられません。見て変化が分かる様になるのは色や形が変化し始めてからです。初期段階は、爪に白い筋が入るや爪の先が白っぽくなります。

次の段階に進むと爪が丸くなるなど形が変形します。その後、爪が分厚くなったりボロボロに欠けたりし始めます。最初は白っぽくなっていた爪が少しずつ黄色っぽい色を帯びてきます。

放置するとどうなるの?

色の変化や形の変化がおき、更に放置すると爪が皮膚に食い込むようになってきます。皮膚に食い込むと徐々に痛みを感じ始めます。

爪の変形の仕方にもよりますが、最後には歩行をすると激痛で歩きたくないという状況にもなることがあります。

家族にも感染する危険性が!

痛みを感じるレベルになってもさらに放置すると、爪がはがれやすくなります。気づかない間にはがれた爪が家の中に落ち、他の家族に爪水虫をうつしてしまう原因になります。

爪がはがれたと分かった時には、掃除機をかけるなど周囲の人に迷惑をかけないよう処理しておく必要があります。

女性も爪水虫になる可能性がある

爪水虫は高年齢の人に多い、年寄り爪のイメージが強くありました。しかし、最近は若い女性にも増えてきています。理由は、冬にブーツをはくことにあります。ブーツの下にはタイツと湿気が溜まりやすい状態にあります。

また、同じ靴を履くことで靴の中に空気が通らず白癬菌が好む環境が整ってしまいます。これらの理由で爪水虫に感染する人は年齢、性別問わず増えてきています。

まとめ

爪水虫は早期発見、早期治療がとても大切と言われています。爪水虫の症状を知り、自分の爪が健康状態にあるかを定期的にチェックする習慣をつけましょう。変化に気づいた時には放置せず、治療を始めることが大切です。

「爪水虫」に悩んでいるあなたには、
爪水虫専用クリアネイルショットというアイテムがおすすめ!


「いろいろ水虫薬を試してみたけど全然治らない!」
「そもそも爪水虫って何を使ったらいいのかわからない…」

このようなことを少しでも思った方は試す価値はあります。
逆にこれを試して改善が見られなければ諦めましょう(笑)

現状、クリアネイルショットは公式サイトで買うのが一番良いです。
なぜかというと、全額返金保証が付いているから。

クリアネイルショットを最安値かつ、ノーリスクで買いたい方はこちらの記事をどうぞ。
 ⇒クリアネイルショットを楽天やアマゾンよりも安く、ノーリスクで買う方法とは

日本で唯全額返金保証付きで買えるのが公式サイトです。
全額返金保証もついている公式サイトは下記のURLからどうぞ。 

\全額返金保証付き/

公式サイトはコチラ

www.clearnailshot.com

 

それでも迷っている方はこの記事を読んでみてください\(^o^)/
クリアネイルショット購入前に知っておきたい事