1. ホーム
  2. 爪水虫の治療
  3. ≫にごり爪(爪白癬)の原因と症状について

にごり爪(爪白癬)の原因と症状について

水虫に悩む人は少なくありません。水虫の中で一般的なのが足水虫ですが、実は、足水虫以上にやっかいな水虫があります。それがにごり爪です。にごり爪は、読んで字のごとく爪に症状が現れます。あまり知られていないにごり爪ですが、気づいていないだけで実はにごり爪になっていたなんて人も多くいます。にごり爪を予防するための第一歩として、原因と症状を良く知ることからはじめましょう。

にごり爪とは

白癬菌と呼ばれる菌に感染することで水虫になります。にごり爪は、この白癬菌が爪に入り込んで引き起こされるといわれています。白癬菌はカビの一種で、繁殖もします。つまり、人や他の部分にもうつることがあるということです。

にごり爪の原因

水虫の原因である白癬菌はカビの一種ということは説明済みです。普段の生活の中で、カビがどのようなところに生息しやすいのか、繁殖しやすいのかを考えると分かりやすいかもしれません。ズバリ、高温多湿なところにカビは繁殖しやすいものです。普段の生活の中で高温多湿が作られている部分を考えます。それは、靴の中です。ほとんどの人が一日中靴をはいたまま生活をします。靴の中は、人の体温で温められ、汗や湿気がたまりカビにとっては最適な環境が作られてしまっています。そのため、知らず知らずのうちににごり爪の原因となるカビが爪に入り込んでしまっているわけです。しかし、白癬菌が生成しやすい状況は他にもあります。それは爪の乾燥や傷つきです。爪が何かしらのダメージを受け、傷つくことで菌が入り込みやすくなります。そのため、常に潤い綺麗な爪と乾燥し傷ついている爪では、乾燥し傷ついている爪の方が白癬菌の発生率が高くなります。

にごり爪の症状

見て分かる症状がいくつかあります。まず、爪が白癬菌に感染すると爪の先から症状が現れます。爪が白く濁る、黄褐色になる、茶褐色なるなど色の変化があります。他にも、分厚くなる、爪の幅が狭くなる、ボロボロと爪が欠けやすくなるなど形の変形が見られます。先の方から現れた症状は徐々に爪全体に広がっていきます。

感じて分かる症状もあります。爪には神経がないため、痒みなどを感じることはありません。しかし、症状が進んでくると靴を履くとき、脱ぐときなどに痛みを感じることがあります。感じることのできる自覚症状は少ないため、目で見てチェックすることが大切です。

まとめ

このように、あまり知られていないにごり爪ですが日本人の10人に1人がかかっているとも言われています。セルフチェックを怠らず、早めの発見に心がけることが大切です。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

よく読まれている記事

爪水虫対策商品の正しい選び方

当サイトNo1商品について徹底解説

クリアネイルショット購入前に知っておきたいこと